冷めきったカレーはヒグラシと共に

「コーラ」が好きという人もいるだろうし、嫌いという人もいると思う。どうでもいいと思っている人だって。アナタが考える「弟子」って、どうだろう?

サイトカテゴリ

悲しそうに自転車をこぐ友達とわたし

太宰治の、斜陽は、何回も読みたくなると思う。
戦前は旧華族の御嬢さんだったかず子が、強くて引かない女になっていく。
これはこれで立派だと感じた僕。
この女性のように、誰にも恐れない行動力と、意見を押し通す意志が戦争が終わったこの頃は必須だったのだろう。
だけど、不倫相手の小説家の家内からしたら迷惑極まりないとも思える。

夢中で歌う友達と僕
ちょっと仕事で不可欠なモウソウダケをきちんと拝領するようになり、助かっているのだが、竹が重荷でもっと持っていってほしがっている知人は、必要以上に大きい竹を取って運び帰らせようとするのでちょっと困る。
うんざりするほど運んで戻っても余っておいてても色が落ち捨てることになるのだが、処分に困る竹が邪魔でしょうがないらしく、持って行ってくれと強くせがまれる。
自分も必要なものをもらっているので、強く言われたら断れない。

雲の無い土曜の深夜に昔を思い出す

まだ見ぬ寒い寒いロシアに、いつかは旅したいという目標がある。
英語に挫折しそうになった時、ロシア語をやってみようかと思ったことがある。
ところが、ぱらぱらめくったロシア語の参考書をみて一日で辞めることにした。
動詞の活用形が半端なくややこしかったのと、私にはできない巻き舌だ。
旅行としてウォッカとロシア料理を目指して向かいたいと思う。

風の強い木曜の晩に座ったままで
この一眼レフは、実は、波打ち際で拾った物だ。
昨日は、8月の中ごろで、中ごろで、いつもより暑く感じた。
街中で、大好きな恋人と気まずくなって、もう一緒にいたくないと言われてしまった。
そこで深夜、家からこの砂浜まで自転車でやってきて、海沿いをのんびり散歩していた。
そしたら、少し砂をかぶったこの一眼に出会うことができたのだ。
手に取って試しにさまざまなフォトを何枚か撮ってみた。
一眼の落とし主より、上手にとれているかもしれない。
恋人の笑った顔撮りたいとか、なかなかピント調節ってうまくいかないなー、とか考えていた。
次の休み、どうにかして会ってくれるなら、彼女に自分が悪かったと謝ろう。
そしたら、この一眼レフ、交番に届けるつもりだ。

雹が降った日曜の昼に料理を

飲み会などの酒のお供に、絶対体に良い食材を!と思っている。
ここ最近の酒の友は焼いた葱。
その前はまぐろ。
それにも飽きて、近頃は、鰻だけれど、お金がかさむので断念。
そして、新しいレシピを考え出した。
買い物に行けば100円しないくらいのエリンギ。
好きな大きさに切って、オリーブオイルで炒めて、味の素と塩コショウを適量使用し味を調えたもの。
とても料金はリーズナブルだし、カロリーも低い気がしませんか。

陽の見えない仏滅の夕暮れに散歩を
少し前まで、正社員としてたくさんの人に囲まれて仕事をしていた。
しかし、3年が経過すると、大勢でチームワークを組んで仕事をするのが無理だと実感した。
拘束時間が時間が長く、チームで行うので、やはり噂話が多数。
それを聞きたいと思えば上手くやっていけるのかもしれない。
どう考えても、時間の無駄としか思えない運命なのだ。
厄介なことに、仕事のペースが遅い人に合わせて進めるという努力ができない、早い人についていけない。
そもそも努力が足りない!と思うかもしれないが、母にはそういう運命だと言われた。

蒸し暑い月曜の朝に想い出に浸る

甘いお菓子がとっても好きで、バウンドケーキやようかんなどを自分でつくるけれど、子供が大きくなって作る甘い物が気を付けなければならなくなった。
私たち夫婦がめちゃめちゃ喜んで食べていたら、娘が自分も欲しがることは当然だから子供も食べられるおやつをつくる。
自分は、チョコ系のケーキが大変好きだけれど、しかし、娘には激甘なケーキなどはまだ食べさせたくないのでつくらない。
ニンジンやかぼちゃをいれたケーキが体にもいいので、砂糖を控えめに入れる。
笑った顔でうまいと言ってくれたら、非常につくりがいがあるし、またつくろうと思う。
このごろ、ホームベーカリーも使って焼いたりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

雨が上がった月曜の晩はひっそりと
健康診断は、例年どこか引っかかる。
脈だったり、血液の数値だったり、尿だったり。
胃のレントゲンを発泡剤とバリウムを一杯飲んで受けてみて、検査結果をもらうと、がんの疑いが存在して、すぐに、診断を指定の病院にて受けてください。
と記されてあったのには、あせった。
あせったというか心ぼそかった。
すぐさま人に聞いた病院に再検査に原付で行ったら、結局のところ、胃炎だった。
胃は前々から痛かったので、定期的な診断に引っ掛かったのはわかるが、言葉で自分の名前とがんの疑義が存在すると記載してあったら心配だった。

雪の降る火曜の夜に散歩を

私は前から、肌があまり強くなく、気を付けないとトラブルが起きる。
それもあるし、ボディーシャンプーの素肌に残ってしまう使用感があまり好きじゃない。
けれど、真冬はかなり乾燥しまくるので、無添加に近い化粧水を愛用する。
その商品のガッカリなところは、価格設定が凄く高く、なかなか買えないところだ。

ゆったりと話す父さんと夕立
一度も行ったことはないですが、昼間ではない動物園は、夜に動きやすい動物がすごく活動的で見ていておもしろいらしい。
気になってはいても、暗くなってからの動物園は行ったことがないけれど、子供がもうちょっと楽しめるようになったら見に行ってみようと思っている。
もう少し楽しめるようになったら、絶対に、子供も笑ってくれるだろうから。
いつもの動物園と隔たりのある雰囲気を俺も家内も少々、味わってみたい。